Home And Dry

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink

2005.07.15 Heart to Heart

今日はレイザーラモン先生のフランス語がありました。
だからといって毎回何かあるわけではありません。人生は、そう面白おかしくは出来ていないのですよ。

ただズボンがいつも以上にパッツリしてただけです。

さて、今日は最後の新入生セミナーでした。「自分の大学生活でやりたいことを発表してもらうので考えてくるように」と前回言われてました。もちろん考えてきましたとも。五分くらいで。


------------------------
IS,IDコースという選択肢があるがこだわらずにいきたい

ISをやればアレに、IDをやればコレになれるというわけではないだろう

自分で勉強することは自分で決めねばならない

コース選択はその一部にすぎない

大切なのは自分なんだ
-------------------------


ちょっと良いんじゃないんですかコレ。偉そうなことを言いつつ、結局具体的なことは何一つ言ってない。しかも質問の内容と答えが一致していない日本人政治家的スピーチ。将来のビジョンのなさを必死で隠している感がプンプン漂う、なんて素朴で家庭的なスピーチなんでしょう!

ボス「じゃあ順番に言っていって」

…なるほど、私は最後ですか。まぁこれも私にトリを飾らせてくれるという先生の小粋な演出に違いありません。ここはひとつ堂々と待っている、はず、が…

最初のMR君、続いたDGC君があまりに完璧だった。

明確な将来のビジョン、具体的な目標、輝いた眼差しでハッキリと喋るその姿は確固たる信念を感じさせる。自然とわきあがる拍手。女性陣なんてもう涙ぐんでますよ。

……ひょっとして、僕いらない子?はっきりいってこんな内容では二番煎じ以下もいいところ。しかも順番は最後。みんなもう飽きはじめてます。もう何を言っても意味ないどころか耳障りにしか聞こえないでしょう。そもそも彼らのあとに僕が言って勝てるわけないですよ…。
なぜ!どうしてこんな順番にしたんですか、先生……!?


ハッ!!


オーケー、キました、分かりました。想いは十分に伝わりました、言葉など必要ありません。
僕がカッコつけても駄目だ。オリジナリティで、僕らしさで勝負しろ。そういうことですね?先生!!

深い、やはり先生は深い…。発表の順番一つとってもここまで考えておられるとは。自分の浅はかさを、そして未熟さをただただ恥じるのみであります。
それに気づいた瞬間回ってくる僕の番。おそらく私が悟りに至る時間すらも計算されていたのでしょう。粋すぎる計らいは十分に受け取った。あとは私がそれを存分に活かすのみ。さぁ聞いてくれっ、俺にしかできない、俺らしいスピーチを!



「正直働きたくないんですけど…」



あとで研究室の窓から出て行きます。
スポンサーサイト

Permalink | Comments(0) | Trackback(0)

コメント

コメントの投稿

秘密にする

トラックバック

http://seiryo.blog16.fc2.com/tb.php/3-5eabc433

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。